« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/06

きのう所沢航空公園で

毎年恒例の8時間耐久マラソンに参加。
今回は選手ではなくボランティアスタッフ。

朝6時、会場に到着。
とりあえず挨拶をして、ぽつぽつと準備を進めている箇所を見つけて手伝う。
周回記録用ボード設置、給食用テーブル設置、休憩用椅子設置、等々の準備がほぼ終ったころでスタッフミーティング。
私の仕事は走路誘導と給水係。
2人1組になって1時間半~2時間交代で走路誘導。
それ以外の時間はエイドステーションに戻って給水のお手伝い。
とりあえず私はエイドステーションで給水係から。
近くの短大からボランティアスタッフとして来てくれている女の子たちと楽しく給水係。
ドリンク類が少なくなったらすかさず補充してあげる。
普通に任務をこなしてるだけなのに「アリガトウゴザイマス」と女の子たちに感謝されウレシイ。

そんな楽しい時間は早く過ぎ去り、走路誘導と交代の時間。
会場の公園を借切ってるわけではないのでレースに関係ない人たちも多く行きかう。
老人もいるし子供もいる。
自転車も飛び出てくるし犬にも吠えられる。
無用の事故を避けるためランナーに注意を促す。
何事も無いときは手をたたきながら「ファイトー」とか「ゆっくり行こー」とか言いながら応援する。

そうこうしてる間に再び交代の時間。
トイレに寄りとぼとぼとエイドステーションに戻ると奥の調理場所から手招きされる。
何の用事だろ?と思いつつ行くとコップを手渡されビールを注がれる。
給食用の冷し中華やおにぎりをアテにしばしビールタイム。
汗だくで走るランナーを眺めつつスタッフはニコニコ。

時間は過ぎて、再び走路誘導へ。
午後に入りランナーもまばらになる。
それにしても昼に飲むビールはきく。
この時間の走路誘導は眠気との戦い。
眠気を飛ばすよう手を叩き声援を送り無用に歩き回る。
ひたすら眠く腰掛けたら寝てしまいそうだった。

そして再び交代の時間が来てエイドステーションへ。
のこり2時間ほどになるとランナーの数も減る。
給水所も一時の混雑から開放されたようだ。
ランナーにも秘密のビールが供給され始めてる。
当然、私もいただく事にする。
しかし驚いたことに「もう少し後で」と言いながらビールを断るランナーが多い。
私が走っていたときは「ビール無いの?」とおねだりしていたのに…。
給食用の準備をしていたボランティアスタッフたちもほぼ仕事を終えたのか小宴会が始まっている。
ここで、ふと思う。
この大会で振舞われる黄金のビールは朝早くから働らくボランティアスタッフを慰労する為のものでランナーに供給される分はそのお裾分けなのではないかと…。

残り30分。
エイドステーションでやることが少なくなったので走路誘導へ行く。
ほとんどのランナーが最後の周回。
「お疲れさまー」「最後までマイペースでねー」と声援を送る。
そして、ほとんどのランナーに「ありがとー」と笑顔で感謝される。
8時間を走りきったランナーたちの至福の時間。
そして、私もその至福の時間のお裾分けを頂く。

最後のランナーを見送り、走路表示を回収しながら戻る。
大掛かりにならない場所から撤収作業が始まっている。
表彰式を最後に行事予定をすべて終え、お疲れ様の挨拶も済み、撤収作業も完了。
午後6時過ぎ。
長く短い夏の一日が過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »