« 2009年9月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/02/24

カレー祭り!!

カレー祭り! 開催中です。
まぁ、土曜日にカレーを作りすぎちゃっただけなんですけどね。
でもね、今回のカレーはいつものカレーとちょっと違う。
市販のルーも小麦粉も使わない本格インド風カレーに挑戦したのだ。

まずベースとなるスープ作り。
100220torisuop_2

圧力鍋で玉葱と人参と鶏のブツ切りを水煮にした後、放置して一度冷ます。
なぜ冷ますのかと言うと、スープ表面に浮いた鶏の油を取り除きやすくなるからなのだ。
ちなみに、チキンカレーにするつもりはなかったので、水煮にした鶏のブツ切りは、キッチンドランカーしながらぽん酢で頂きました。

次は玉葱。
100220tamanegi1

今回は6個の玉葱をみじん切り。
涙との格闘!と思いきや、切った玉葱をさっさと水にさらせば、さほど目に染みないのよね。
そして、水を切ったみじん切りの玉葱を鍋で炒める。
ニンニクのみじん切りと生姜のみじん切りもいっしょに入れて炒める。
ひたすら炒める。
玉葱の白さが半透明になっても炒める。
まだまだ炒める。
柔らかくペタペタになってきても炒める。
とことん炒める。
炒め始めて40分で、やっと飴色になってきた。
100220tamanegi3

でも、まだまだ炒め終わらない。
水煮にした玉葱を少量のスープとともにここで投入しさらに炒める。
すると、飴色に炒めた玉葱と水煮にした玉葱が混然一体となりドロドロの玉葱ペーストができるのだ。
このドロドロ玉葱ペーストが、小麦粉を使わなくてもとろみのあるカレーの素となるのだ。


ドロドロ玉葱ペーストができたら乱切りにしたジャガイモと水煮した人参も適当に切って入れベースのスープも適量入れる。
トマト缶詰のトマトも1個入れる。
そして、煮る。
ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。
アクを取りながら煮る。
ジャガイモが程好く煮えたら今回のカレーの一番大事なコト、スパイスの登場なのだ。

いよいよ、スパイスを合わせてオリジナルカレー粉を作るのだ。
茶棚の奥に忘れてた小瓶詰めの粉末スパイスを使う。
チリ、ブラックペッパー、ナツメグ、シナモン、クローブ、ローレル、オールスパイス、クミン、コリアンダー、ターメリック、パプリカ、ガラムマサラ。
100220spice_2

これらのスパイスはすべて消費期限間近や商品入替の見切り品を買い集めた物。
当然、半額以下(最高値で¥100くらい)で買ったものであり、すべての消費期限は過ぎているのだ。
でも、カレーはインド料理だから気にしないのだ。

ところで、スパイスって全般的に辛いものと思っていたけどそうでもないのね。
舌に刺激はあるけどほのかに甘いスパイスもあるのね。
あと、あと味が苦いのが多かった気がする。

さて、煮立った鍋にオリジナルカレー粉を投入。
そして、最後に塩を少しづつ加減しながら投入。
これで出来上がりなのだ。
100220curry


初めて作ったわりには美味しくできました。
日を経る毎に、火を通す度に、味が濃厚になって美味いのよ。
それに、市販のルーを使うよりも脂質が少ないのでクドくないのだ。
カロリー50%オフのカレールーよりもヘルシーなのだ。
100220curry2


サフランライスと合わせて、いっただっきまーーす。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年9月 »